FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フェスティバル ラティノアメリカーノ 2009

2009年10月21日
~エンケの談話室~

コピー ~ コスタリカの様子



フェスティバルラティノアメリカーノ2009


以前お世話になったコスタリカ大使館の方から速報です。

なんと社団法人 日本・ラテンアメリカ婦人協会主催の
チャリティーバザーフェスが開かれるとのこと。


以下詳細です↓

------------------------------------------------------------------

東京プリンスホテルにおいて盛大なバザーを開催いたします。
中南米及びカリブ諸国からは各国特産の珍しい民芸品、コーヒー、
ワイン、食料品、日本側からは、衣料品(婦人服・子供服)、
クリスマス用品、その他沢山の品々を準備いたしました。
今年も、中南米とカリブ諸国の各大使館の方々による各国自慢の
手作り料理お菓子が豊富に用意されております。 生のラテン音楽を
聴きながらバラエティーに富んだラテンアメリカの味をお楽しみ下さい。

なお、入場券代、バザーの収益は中南米及びカリブ諸国の福祉友好親善の
諸事業などにあてられ、各国の皆様に喜ばれています。 
お友達をお誘いあわせのうえ大勢の皆様のご来場をお待ちしております。
入場券は参加国大使館にてお求めいただけます。

日時:11月4日(水)午前11:30 ~ 午後4:00

午前10時30分以前のホテルへのご来場はご遠慮ください。

場所  : 東京プリンスホテル 2階 「鳳凰の間」、「マグノリアホール」
入場券 : 2,000円 抽選券付き

音楽のショーは午後1時に始まります。
ショーが終わり次第、抽選会を行います。

参加国

中南米およびカリブ諸国(アルファベット順)参加国名
アルゼンティン ベリ-ズ  ブラジル チリ コロンビア 
コスタリカ キュ-バ エクアドル グアテマラ  ホンジュラス 
ジャマイカ メキシコ ニカラグア
パラグアイ ペルー ウルグアイ ヴェネズエラ

東京プリンスホテル 
港区芝公園3-3-1 Tel: 03-3432-1111
•(JR・東京モノレール) 浜松町駅徒歩 10分
•(地下鉄・三田線) 御成門駅徒歩 1分
•(地下鉄・浅草線,大江戸線)大門駅徒歩 7分

--------------------------------------------------------------------------

念願のチレベルデ(緑とうがらしの香辛料)やトルティーヤ、
タコスにガジョピント(豆料理)に会うことができるのか?!
私は有給をとってでも参加するつもりです。
どなたか参加したい方がいらっしゃったらお声かけてください。
伝説の「PURA VIDA Tシャツ」を解禁するときが来てしまったか…




↓次の更新が豪華に?!画像はXですがクリックお願いします。
スポンサーサイト
インフォメーション | コメント(2) | トラックバック(0)

とんかつに挑戦

2009年10月17日
~エンケの談話室~

コピー ~ 091014_1803~01

食事情

一人暮らしをしたことがある人はわかると思うが
最近のレトルト食品は手軽だ。
温めてかけるだけのカレーに、炒飯のもと、お湯を注ぐラーメンに、
電子レンジでチンするだけでできてしまうものも多い。

健康のことを考えて食べ物を選んでしまう自分にとって
この手軽さは毎回葛藤のタネになる。
手軽だけど薄い食事。そんなことから肉類が無性に食べたくなった。
手元には「お弁当男児」なる本もある。

ひとつとんかつでも作ってみようか、

目をギラつかせてスーパーに走った。
小麦粉に卵、パン粉など必要なものを一から揃えていると、
小さい頃母の手伝いをしている自分の姿が浮かんできた。

塩コショウをまぶしたお肉に、小麦粉をまぶし、
卵につけてパン粉に沈める。そんな過程を何度見てきたことか。

案外簡単に出来上がったとんかつに忘れてはいけないとキャベツを添えてみる。
キャベツの切り方が上手く分からなかったので不恰好ではあるが、
美味しいとんかつは出来上がった。

お肉が食べたいという欲望から今回のとんかつに至ったわけだが、
懐かしい思い出が甦った。 それにしてもとんかつって美味しい!





↓次の更新が豪華に?!画像はXですがクリックお願いします。
5月の日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

コスタリカでの英語勉強

2009年10月13日
~エンケの談話室~

編集2


コスタリカでの英語の授業

以前このブログで書いたようにコスタリカの母語はスペイン語です。
もちろん学校では日本の学校のように英語の勉強をします。

私が留学していた当時、コスタリカでは小学生の頃から英語の
授業がありました。もちろん実用に長けるように、会話がメインの授業です。
授業中にはスペイン語を使わず、すべてが英語。
もちろん英語で質問して、英語で答えます。
コスタリカで授業を受けていて唯一ついていける授業が英語でした。

語学を習う時はその語学に浸ることが大切。
これは電車の広告で有名な小栗左多里さんの、
「ダーリンは外国人」でも言われていました。

確かに間違えを恥ずかしがって会話をしなければ上達しません。
訂正されてもいいからこのような環境で勉強するのが大事です。
現にコスタリカの高校生ともなると、結構ペラペラしゃべることができます。
「とにかくしゃべってみる。」これが一番の近道なんですね。


その代わり会話に力を入れているせいか日本では一般的な単語のスペルが
サッと出てこない(例えばpeopleやmouseなど)なんてこともありました。
私は英語とスペイン語を自由に扱えるようになりたいなぁ。





↓次の更新が豪華に?!画像はXですがクリックお願いします。
コスタリカ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

お弁当

2009年10月07日
~エンケの談話室~

大体仕事のお昼では近くのマックで食べいた。
それかファミリーマートのコンビニ弁当。
大体飲み物もつけると500円近くの出費になってしまう。
しかも栄養の偏りも気になる。

そこで

コピー ~ 091006_0801~01



お弁当を作って出費軽減を努めてみた。

自分の好きなものに偏っている感じはあるが
これだと1回の買い物で4日分の食材が確保できるので
安上がりなのだ。あとは、家にある浄化装置で水を持ち込めば完璧か。

高校時代は母に毎日作っていただいていたが、
自分で作ってみるとまた、感謝の気持ちが浮かぶだろう。
コスタリカでもホストマザーに毎朝作って頂いたなぁ…ありがとうございます。
最近「弁当男児」も増えてきたようだ。自分もそこに便乗する形で、
毎日のお弁当の献立を考えていきたい。

ちなみに中身は

ご飯(蕎麦ふりかけ)
チキボーン
焼きウインナー
プチトマト
茹でたブロッコリー







↓次の更新が豪華に?!画像はXですがクリックお願いします。

写真 | コメント(2) | トラックバック(0)

コスタリカとお酒

2009年10月05日
~エンケの談話室~

スキャン0001


世界各国で愛されている飲酒という行為。
中米コスタリカでももちろん同じだ。

我がトゥリアルバでは「お酒は6歳から」という基準をモットーに
(実際は6歳ってことはないと思うが…)
皆でお酒を楽しく、たしなんでいる。

週1のダンスパーティーには欠かせない飲み物だ。
お酒を飲みながら踊ったり歌ったり美味しい食べ物を食べたり…
平和の象徴と言っても過言ではない。


コスタリカでよく飲まれているのがビールだ。
Imperial(インペリアル)というビールの看板は
トゥリアルバの街並でよく見かけた気がする。

私も留学生活を満喫していた若かりし日々には
お酒を交わすことがなかったメンバーと、
今では一緒に飲むことができる年齢になった。

ぜひ一緒に肩を組んで、呑まれてみたいものだ。



↓次の更新が豪華に?!画像はXですがクリックお願いします。

コスタリカ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。